<   2017年 05月 ( 79 )   > この月の画像一覧



Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~


レードの習得にあたって/トレード準備/テクニカル指標の説明/ボラティリティについて/
ダウ理論・グランビルの法則/トレンドについて/トレンド判断/サポート・レジスタンス/
PinBar/ライン/トレードスタイル/順張りトレード/逆張りトレード/FXの市場について/
取引時間/損切りについて/利食いについて/資金管理・ポジションサイジング/
ファンダメンタルズ/経済指標発表時のリスクと対応/窓・ギャップ/取引通貨ペア/
時間足ついて/トレード管理/検証/トレードの大罪/ エントリーについて/
リスクとリワード/オシレーターがいらない理由/ラインのケースバイケース/
トレード・ケースバイケース/スイングトレード/スイングトレード・ケースバイケース/

トレードの応用について/トレードの教訓


トレードの基礎から解説しているので、初心者でも安心して取り組める!
最も勝ちやすい、順張りのパターンとは?
3パターン鉄板の逆張りポイントとは?
ロンドン時間のトレンドを初速から捉えるトレード戦術とは?
取引時間に合った適切なトレードスタイルとは?
複数通貨ペアをトレードする上での注意点と、通貨ペアの選択方法とは?
90%が負けると言われている、相場の世界で少数派に入る秘訣とは?

本書はプライスアクショントレードといわれる、オシレーターに頼らない、相場の王道的なトレード手法をマニュアルにしたものです。

トレードのロジックは非常に明確でシンプルなものです。

他の商材ではあまり語られることのない、トレードの管理、メンタルコントロールについても具体的な指針を示しています。

これを読めば「すぐに勝てる!」といった必勝法の類のものではありませんが、継続的な学習により本物のトレードスキルを身に付けることができます。



トレードで絶対にやってはいけないタブーとは?
トレードを管理していく具体的な方法とは?
トレードをする上で絶対に知っておかなければならない大切なポイントと は?
リスクとリワードを意識した具体的な戦術とは?
トレンドを判断する為のポイントとは?
オシレーター系テクニカル指標がいらない理由とは?
サイン売買やテクニカル指標に依存したトレードから脱却できる!
安定的に稼いでいける手法の組み合わせとは?
検証作業の効率的な行い方とは?
これだけは抑えておきたい、ローソク足のパターンとは?
窓を使った具体的なトレード戦術とは?
複数時間軸を見る上で、大切なポイントとは?
これらはDealing FXで学べることの一部です。

さらに「リアルトレード動画」やその他の豊富な「動画コンテンツ」により、
初心者の方から、上級者の方まで強力にバックアップします。

※動画コンテンツは150本以上

当然のことながら書籍やセミナーでのテクニカル分析を並べただけのものでなく、
実際に私が学んできた経験の中で得た、ここでしか学べない貴重なノウハウとなっています。






>>>Dealing FX ~プライスアクショントレードマニュアル~









[PR]
by animal1972 | 2017-05-18 13:02 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)



江之介式ナンピン手法を、FX江之介の弟子、ヒサヨシが動画にて解説しております。

虎の巻として、攻略手法を公開しておりますが、それ事情に具体的なトレードの技術が身に付く動画になっています。

この動画の活用方法は、ご自身のトレードに当てはめていただきながら、声を聞くことで、説得力が上がり、トレードのやり方を体感できるということです。

一度動画をご覧いただいたとしても負けてしまった時や調子がすぐれない時は、ここでその問題を解決するヒントをお伝えしています。
何度も繰り返しても立ち戻ってこれる、トレードの原点となる動画だと自負しております。



>>>FX攻略虎の巻「スキャルピング編」|FX江之介










[PR]
by animal1972 | 2017-05-18 12:59 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)

【商品内容】

<<新プライスアクション■高速スキャル■進化系ライントレード>>
PDF:724ページ以上 動画:52時間以上
販売価格39,800円 報酬額15,000円

■商品内容カテゴリー■

・基本編 : 第一章~第十二章

・裁量トレード編 : Vol.01~Vol.16

・進化系ライン&新プライスアクション 融合トレード
                : Vol.00~Vol.08
・定期配信 継続学習動画

・定期配信 ラインチャートテンプレート



>>>新プライスアクション■高速スキャル■進化系ライントレード



■キャッチ■

1,新Price Action Trade
    勝率93%を実現させるFX新プライスアクション

2,進化系Line Trade
    月間利益率100%を実現させるMライン

3,高速Speedスキャルピング
    S4PSエントリーロジックで高速スキャル

4,逆張りPrice Action Counter Trade
    SMAチャートパターンで高勝率逆張りスキャル

5,超速1分足スキャル
    トレンドWトップロジック&トレンドWボトムロジック 

6,定期配信 ラインチャートテンプレート
    プロが使うラインが引かれたチャートテンプレート

7、定期配信 【動画】ライスキャFX実戦テクニック
    スキャルピングリアルトレード解説動画



>>>新プライスアクション■高速スキャル■進化系ライントレード






[PR]
by animal1972 | 2017-05-18 12:57 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)





●明確なルールが決まった手法です
相場観や特別な能力は必要ありません。
いくつかのルールと照らし合わせて、条件を満たしていればエントリー&決済をするだけです。
初心者の方でも身に付けることができます。

●非常にシンプルな手法です
エントリーのルールや決済のルールは極めてシンプルです。
シンプルだから間違いません。
シンプルだから迷いません。
シンプルだから続けることができます。

●利益と損失のバランスが非常に優れた手法です
ロスカットは常に数pips程度の小さな損失に限定されます。
しかし、利益は数pips~10pips前後だけでなく、数十pipsの利益を望めます。
その結果として大きな利益が残ります。

●安定したトレードチャンス
1分足でトレードするスキャルピングから5分足や15分足でトレードするデイトレード、60分足やそれ以上の時間軸でのスイングトレードまで応用可能な手法です。
通貨ペアの限定もありませんので、毎日安定したトレードチャンスが発生します。
テキストではユーロドルの5分足と1分足のトレードを中心に解説しています。
 


>FX-navi ~スキャルピング&デイトレ~



◆目次

第1章 手法の概要・基礎
●概要 ・・・8
●用語の説明 ・・・10
●チャートの図解とイメージ画像 ・・・12
●手法やルールの説明 ・・・13
●基本コンセプト ・・・14
●テクニカル分析によるトレード ・・・15
●ダウ理論 ・・・17
●移動平均線 ・・・19
●グランビルの法則 ・・・20
●ストキャスティクス ・・・21
●利益確定 ・・・24
●時間軸と通貨ペアの選択 ・・・25

第2章 移動平均線とグランビルの法則
●移動平均線 ・・・27
●グランビル第1法則 ・・・29
●グランビル第2法則 ・・・30
●グランビル第3法則 ・・・31
●グランビル第4法則 ・・・32
●実践への応用 ・・・33

第3章 チャートセッティング
●使用するチャート ・・・35
●チャートの設定方法 ・・・36
●証券会社 ・・・57

第4章 トレードルール(各種定義)
●山・谷の定義 ・・・59
●トレンドの定義 ・・・62
●ダイバージェンスの定義 ・・・63
●ブレイクの定義 ・・・70

第5章 トレードルール(エントリールール)
●戦略概要 ・・・75
●3つの戦略 ・・・77
●基準足とトレード足 ・・・80
●基本ルール ・・・83
●戦略A ・・・85
●戦略B ・・・86
●戦略C ・・・89

第6章 トレードルール(決済ルール)
●基本ルール ・・・91
●決済① ・・・94
●決済② ・・・97
●ロスカットライン ・・・99
●決済ルールの適用 ・・・101

第7章 トレードルール(背景分析)
●背景分析とは ・・・105
●ダイバージェンス ・・・106
●逆MA ・・・110
●直近高値までの余地 ・・・113
●抵抗ラインで反発した後の押し目 ・・・115
●トレード見送りの時間帯 ・・・117

第8章 トレードルール(まとめ)
●エントリールールまとめ ・・・119
●背景分析まとめ ・・・121
●決済ルールまとめ ・・・122

第9章 ケーススタディー
●NGパターン ・・・124
●トレードパターン ・・・137

第10章 その他
●実践に向けて ・・・145
●出来る事と出来ない事の見極め ・・・147
●確率的思考 ・・・148
●「待つ」というポジション ・・・150
●ルールの変更やアレンジ ・・・152
●推奨書籍 ・・・153
●メールサポート ・・・155
●返金保証 ・・・157
●免責事項 ・・・158




>>>FX-navi ~スキャルピング&デイトレ~








[PR]
by animal1972 | 2017-05-18 12:55 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)




今がその時!!

「Binary Option ENTRY SIGNAL TOOL TRICKSTAR」は、
安全性が高く、危険性が少なく、
少額投資が可能なバイナリーオプションが
あなたの夢の可能性を加速します。



バイナリーオプションは、初心者でも始めやすい外国通貨取引の一種です。
「外国通貨取引」なんていう言葉が出てくると難しく感じてしまうと思いますが、実際には
非常に簡単で手軽に出来る、今人気の投資方法です。

みなさんは。トランプの「High&Low」という遊びはご存知ですか?
例えば、場に「5」のトランプが出ていて、
次にめくるトランプが「5」より大きいか小さいかを当てる単純なゲームです。

バイナリーオプションを簡単に理解するには、
このトランプが「通貨」に変わっただけ、と考えていただければまずはOKです。

例えば、現在の相場が、1ドル100円だとします。
数分後(設定可能)の相場が100円より上がるか下がるかを当てるのが
バイナリーオプションです。

もちろん、実際にはもう少し細かい知識が必要になってきますが、
根本的な原理は本当にこれだけです。 とても分かりやすいですよね。

「株やFXは難しくてよく分からない」という方でも、
バイナリーオプションなら抵抗なく始められるのではないでしょうか?
バイナリーオプションは、トランプの「High&Low」と同じように、
相場が上がるか、下がるかを当てるだけの簡単な投資です。

このバイナリーオプションという投資には、大きなメリットが3つあります。

一つ目は、「上がるか」「下がるか」を当てるだけですから当たる確立は50%です。
よほど運が悪くない限り、「High」か「Low」かを適当に選んでも、勝率は50%であることです。

二つ目は、基本的にあたれば投資額が倍、外れても投資額がゼロになるだけです。
株やFXのように、銘柄が急降下して大きな損失を被ることがない安全性が高い投資と言えます。(※)

(※)ペイアウト率が100%の場合です。例えばペイアウト率が90%という相場もありますが、この場合は100円投資して当たったら
90円の利益になります。逆に、ペイアウト率が200%というサービスを提供する業者も最近登場して話題になっています。

三つ目は、少額から投資ができる優位性があります。
株やFXのように、口座にあらかじめ数万円から数十万円を預け入れしないと
取引できないということはありません。


>>>TRICKSTAR バイナリーオプション短期取引攻略法


加えて、投資で軽視されがちなポイントに、大きく損失しないことが上げられます。
負け続ければ、投資したいと思っても運用できる資金がなくなるからです。

バイナリーオプションでは、最大の損失でも投資した金額だけです。
熱くなって、やがて日々の生活費をつぎ込むような危険性が少ない投資なのです。

どうでしょうか?

あくまで、お小遣いの範囲内で投資する分には魅力的だと思いませんか?

勝率が60%に達すれば、まず十分に満足できる利益が手に入ります。

そして、勝率が70%を超えれば、資産運用のプロフェッショナルといえるでしょう。

当社が開発した「Binary Option ENTRY SIGNAL TOOL TRICKSTAR」は、
勝率70%を目指すプログラムです。


あなたが叶えたい夢は何ですか?

・もう少し豊かな生活を送る
・会社を辞めて自由な生活を送る
・老後の生活が退職前と同じ水準で暮らす
・今まで我慢していたモノを買う
・生活に余裕が生まれるから精神的に安定する
・経済的にゆとりが出て積極的な性格になる

そのいずれもが、この「Binary Option ENTRY SIGNAL TOOL TRICKSTAR」で
実現できる可能性が広がるのです。



>>>TRICKSTAR バイナリーオプション短期取引攻略法



















[PR]
by animal1972 | 2017-05-18 12:53 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)



株は5日で利益を出す!「5日株トレード法」 全編セット

きっと役に立つことがあると思うので、ぜひ読んでみてください。
 

第1章:5日株トレード法とは

(1)はじめに

(省略)

(2)5日で利益が出せるのか?

(省略)

(3)5日株トレード法の実例

ここで5日株トレード法の実例を見て頂きましょう。
ブログで公開している私の売買取引から、いくつか選んでお見せします。

まず私が買った日のチャートをお見せします。
その次に、その後株価がどうなったのかがわかるチャートをお見せします。

買った日のチャートを見て、私がなぜその日に買ったのか?軽く考えてみてください。
勘のいい方、普段からテクニカル的にチャートを見るのに慣れている方なら、すぐわかるかもしれません。

答えは後でお見せします。

もちろん株を買う理由は一つではありません。
いくつもの条件を満たしているから、その株が買いだと判断しているわけですが、その中で一番重要な理由をお教えします。

そこを読めば、5日株トレード法というのは、結局のところ何をしているトレード法なのかがわかると思います。



これは2013年1月~4月初め頃の8909 シノケンGのチャートです。
私は4月4日に1,335円で購入しました。(赤い線は25日移動平均線)

次は、同じシノケンGの少し時間を進めたチャートです。
買った後の株価の動きがわかりやすいように、少し拡大しています。



4月9日に1,755円で売りました。
5日かからず、3日間で31.46%の利益を得ています。
さて、私がなぜ4月4日にシノケンGを買ったのか、その一番の理由がおわかりでしょうか?

次の例にうつりましょう。



これは2012年12月~2013年3月初め頃の8704 トレイダーズのチャートです。
3月7日に4,350円で購入しました。

次は、時間を進めたチャートです。



4月9日に6,100円で売りました。
今度は少し長く8日間持っていました。8日間で40.23%の利益です。
3月7日にトレイダーズが「買い」だと判断した理由は、なんだと思いますか?

今度はもっとわかりやすい例にしましょう。



これは2013年1月~4月初め頃の3277 サンセイランディックのチャートです。
4月2日に502円で購入しました。


次は、時間を進めたチャートです。



4月5日に732円で売りました。
3日間で45.82%の利益です。

なぜ4月2日に買ったのか、理由がわかりましたか?
(中略)

(4)5日株トレード法はブレイクアウト手法

では、先ほどの取り上げた3つ例での「買い」の判断理由について回答します。

一言でいうと、5日株トレード法は、ブレイクアウト手法の一種です。
それまでの最高値を上抜けた日に買うか、その押し目を拾って買うか、どちらかで買いを入れています。

ただ、この言葉通り「それまでの高値を上抜けた日に買う」という作戦を、そのまま実行すると失敗することが多いので、少し工夫が必要です。

「ブレイクアウト」とは、英語で「突き抜ける」といった意味ですが、株の場合「上抜ける」=「高値を更新する」ことと考えていいのではないかと思います。

「三角持ち合いを上抜けた」、「抵抗線を上抜けた」といったタイミングは、株ではよく買いのサインだとみなされます。
また単に「新高値を更新した」という場合も「上抜けた」と言われ、これも買いのサインとみなされます。

しかし、実はここに大きな問題があります。
こうしたブレイクアウト手法は、うまくいかないことが多いのです。
なぜでしょうか?

大幅上昇する銘柄は、どこかの時点で必ず新高値を更新して値上がりしているはずです。
そうであれば、新高値を更新したブレイクアウトを狙って買う手法は有効なはずです。

しかし一方で、新高値を更新した後というのは、急落しやすい場所でもあります。

例えば、それまでの高値が 500円だったとして、株価が 501円になるとブレイクアウトしたとして、買い注文を入れる人が多くなります。
(下図参照)
もう少ししっかり上抜けたことを確認してから買う人は、505円や 510円になってから買うかもしれません。

株価がそのまま 520円、530円、、、600円と上昇してくれれば成功です。
買いが買いを呼び、株価はみるみるうちに上昇します。



しかし505円で買った株が、499円になったらどうでしょうか?
(下図参照)
500円を超えたから買ったのに、買った根拠がなくなってしまい、印象が悪いです。
すぐに売り注文を入れて、撤退する人が出てくるでしょう。

株価の変動には多少の乱れがあるのが当たり前ですから、「499円ならまだだいじょうぶ。もう少し様子を見よう」という人もいるでしょう。
しかし 495円、490円とさらに下がると、「これはヤバい」と撤退する人が増えてきます。
こうなると売りが売りを呼び、株価はみるみるうちに下落してしまいます。



このように、新高値を更新した付近というのは、株価の急騰と急落がどちらも起こりやすい場所なのです。

また一般的に、ブレイクアウトを狙った買いが成功して株価が上昇する勢いよりも、失敗して失望売りが殺到し株価が急落する勢いの方が強い傾向があります。
先ほどの図を見て頂ければ、ここより下に行くとマズいと逃げ出す場所が、みんな同じところになる理由が想像して頂けるかと思います。
ヤバいと思ったら、皆いっせいに逃げ出すので、ものすごい勢いで株価が下がることがあります。

元々、それまでの最高値というのは、過熱感がある株価だというケースが多いので、このあたりの株価を維持することができないと見ると、急激に値崩れを起こすのです。

このような失望売りが殺到するのを狙って、昨日までの高値を割った瞬間をねらって、空売りをしかける人もいます。こうした動きもまた、株価下落を加速させます。

「ブレイクアウト手法はうまくいかない」という人が多いのは、こうした理由のためです。

しかし私は断言しますが、ブレイクアウト手法は成功率の高い手法です。
「うまくいかない」というのは、やり方を間違えているからです。
ほとんどの投資家が、ブレイクアウト手法について誤解をしているといっていいでしょう。

では正しいブレイクアウト手法はどういうものでしょうか?
答えは単純です。

高値のブレイクアウトを狙うのではなく、終値のブレイクアウトを狙えばいいのです。

通常、ブレイクアウトと言えば、それまでの何日間で一瞬でもつけた高値を上抜けたことを言います。
ロウソク足でいうと、上ヒゲの先を超えたところです。

しかし、成功率の高いブレイクアウト手法の買い方は、終値だけを比べてブレイクアウトを判断します。
それまでの何日間かの終値をくらべて、今日の終値が一番高くなるなら、買いです。

高値を比べて、一番高い高値を超えたときに買うか。
終値を比べて、一番高い終値を超えたときに買うか。

考え方は似ていますが、これで成功率は大きく変わります。
高値を比べたブレイクアウトより、終値をくらべたブレイクアウトの方が成功率が高くなる理由を簡単に説明したいと思います。
下図を見てください。



それまでの最高値が 500円、終値が一番良かった株価が 450円だったとします。
図の左側のロウソク足は、日足を意味しています。ロウソク足5本で、5日間の値動きを表しています。
図の右側の青い線は、その翌日の日中の株価の動きを表しています。

450円から 500円の間をうろうろしていますが、前日と比べると大きく値上がりしているにも関わらず、あまり過熱感はありません。
それまでの最高値 500円が見えているので、それを超えるまではあまり過熱感がないというのも理由の一つです。

それよりもっと重要なことは、それまでの最良終値 450円より上にいる間は、昨日までの値動きの価格帯よりも上にいるので、安心感があるということです。

安心感があって、さらなる株価上昇の期待ももてる場所なので、最良終値 450円はむしろ「ここより下には行きにくい」サポート線として機能します。

また、もし株価が 450円を割ったとしても、450円には過熱感がありませんので、売りが殺到するということもありません。

しかし、450円を超えていることで、株価上昇は十分期待できます。
つまり 500円を超えなくても、450円を超えた時点で値上がり期待のできるブレイクアウトが成立したと、みなすことができるのです。

最高値を超えたブレイクアウトを狙うよりも、最良終値を超えたブレイクアウトを狙う方が、成功率が高くなる理由はこんな感じです。

これは頭の中で考えた理屈ではなく、実際の株価の動きを数多く検証した結果であり、実際の取引の中で使って有効だと確認できているルールです。

さて、前節で見た3銘柄のチャートに戻りましょう。


5日株トレード法では、それまでの最良終値を超えた日に買うか、その押し目を拾って買うか、どちらかで買いを入れます。

前節の3つのチャート例も、終値重視で見ると、シノケンGは上抜けた日に買い、トレイダーズは押し目を拾って買い、サンセイランディックは上抜けた日に買っています。
買った日のチャートを見て、それぞれ振り返ってみましょう。


>>>株は5日で利益を出す!「5日株トレード法」 全編セット



シノケンGは、高値で見ると4月1日に1,458円という最高値をつけています。
4月4日の終値は1,335円で、4月1日の高値は抜いていないのですが、終値を比較するとチャートに表示されている全期間にわたって最高値となっています。
これが、4月4日が「買い」であると判断した最大の理由です。



トレイダーズは、3月4日に高値も更新していますが、1月9日の4,760円にくらべて10円しか上がっていません。
これは買いサインとしては弱いのですが、終値で見ると3月4日の終値4,735円はそれまでの終値にくらべると上抜けた感があります。
3月4日に即買いするという作戦もありですが、3日後の3月7日に押し目を拾って買いました。



サンセイランディックは、前日に520円という高値を更新していますが、終値はもたず460円で終わっています。
実はこの時点で、460円という終値も、終値の最高値を更新しているので、ここで買うという手もありです。
しかし、上抜け方が弱いので、買いサインとしては弱いと思います。
(結果的にはこの日の終値で買っていたら大正解ですが)
4月2日の終値は、終値の最高値を見事に更新しているので、これは買いだと判断しました。

重要な話なので、本節の内容をここで振り返っておきましょう。
ブレイクアウト手法は、5日株トレード法にかぎらず、株の世界ではごく一般的な手法です。
株だけではなく、FXでも先物でも、あらゆる投資で、ブレイクアウト(上抜けたところ)は最も重要な買いサインの一つです。

しかし一般的にブレイクアウト手法にはダマシも多いと言われています。
株価が上がったところで買うので、ダマシにあって失敗すると、損害が大きくなりがちです。

それが怖くて、高値を更新した株なんて買えないという人も、多いのではないでしょうか?
実際、私のブログには「よくあんな値上がりした株を買えますね」という感想をもらうことがあります。

もちろん5日株トレード法では、高値を更新した株をやみくもになんでも買うわけではありません。
ダマシに合わず、そのまま上昇トレンドに乗って行く可能性が高いと判断した株を買うために、いくつもの分析を行い、対策を取っています。

その対策の一つが、高値を比べて「上抜けた」というのではなく、終値を比べて最も高い終値をつけたときに「上抜けた」と判断するという方法です。

すでに確固たるトレード手法をもっておられて、株の短期売買で継続的に利益をあげている人は別ですが、もしあなたが「短期売買はなかなかうまくいかないんだよ」と思っておられるのであれば、
ここ最近で終値が最も高くなった株を買う。

ただこのルールを覚えておくだけで、短期売買の成功率がけっこう上がるはずです。中にはこのルールだけで劇的に成績が改善する人がいるかもしれません。それくらい有効性の高いルールです。


※  5日株トレード法では、短期売買で利益の取りやすい値動きのいい株の特性に合わせて、
終値を何日間でくらべたらいいのか日数も定義していますが、こちらはマニュアル本編で
紹介します。何日間でくらべるかにこだわらなくても「ここ最近で」という感覚で、
終値をくらべるだけでも、このルールは十分有効です。
(中略)

ここで疑問を感じた方もいらっしゃると思います。
「終値って場が引けた後でないとわからないよね?場が引けた後には取引できないし、じゃあいつ買うの?」
ごもっともな質問です。

現実の取引では、終値を確認してからその値段で買うということはできません。
そこで実際には、14:30~15:00くらいの、そろそろ終値が見えてくる時間帯に買い注文を出します。

もう一つのやり方は、前日までの終値最良値を超えたら、何時でもいいので一度買ってしまうという方法です。
もし株価を維持することができて、終値がそれまでの最良値を超えそうなら、そのまま売らずに持ち越します。
もし株価が下がって、前日までの最良値より下で終わりそうになったら、売ってしまいます。
多少リスクはありますが、うまくいけば 取引時間終了間際に買うよりも、安く買えるので、その分利益が大きくとれます。

(中略)

(5)買ってはいけないブレイクアウト

前節で紹介した「ここ最近で終値が最も高くなった株を買う」というルールは、有効性がありますので、ぜひ活用していただきたいと思います。

ただ残念ながら、このルールさえ覚えておけば全てOKというものではありません。このルールだけでは不十分な場面があるからです。

本マニュアルをご購入頂いた方は、この先のマニュアル本編にその他のルールや、ブレイクアウト手法で成功するチャートパターンをまとめてありますので、そちらを読み進めてください。

本マニュアルの紹介ページで、立ち読みをしてくださっている方には、「不十分な場面ってなんだよ?実際には使えないってこと?」とがっかりさせてしまったかもしれません。
5日株トレード法の全体をマスターして頂いた場合に比べると、やはり精度は悪くなりますが、それでもこのルールだけである程度は稼げます。
「ここ最近で終値が最も高くなった株を買う」というルールを意識した上で、いろいろな銘柄のチャートを見ていくと、どういうタイミングで仕掛けるといいか、だんだんわかってくると思います。

実際の取引で即実践する前に、たくさんのチャートを見て、ルールがどういう風に働いているか、確認してから実践されることをおすすめします。

ただし、日経225採用銘柄のようなメジャーな株では有効性は低くなります。

短期で株価が大きく動く、新興市場株、テーマ株、仕手株などの方が成功率は高いので、そういった銘柄で使うようにしてください。

さて、ブレイクアウト手法でダマシに合わないように、独自の判断ルールを設けているというと、出来高をチェックしているのではないか?と聞かれることがよくあります。
出来高をともなったブレイクアウトは「買い」で、出来高の増加を伴わないブレイクアウトは「買い」ではないという方法論が、株ではよく使われているようです。

しかし、5日株トレード法では、ブレイクアウトがダマシかどうか判断するのに、出来高はチェックしません。

広く信じられている方法論ですが、数多くの検証を行った結果、信頼性はほとんどないと考えています。
出来高が急増したブレイクアウトでもその後株価が急落し、戻ってこないことはよくありますし、出来高増を伴わないブレイクアウトでもその後 爆上げすることはよくあります。

ここで、次のチャートを見てください。



これは、2750 石光商事の2012年11月~2013年2月初め頃のチャートです。
2月7日は、ここ最近で終値が最も高くなっており、ブレイクアウトと言っていいと思います。
これは買いでしょうか?買いではないでしょうか?

5日株トレード法では、この日の石光商事はある1つのルールに反しているため、買いではないと判断します。

では、その後の石光商事を見てください。



ブレイクアウトした日から間もなく、大きく下がってしまいました。

もう一つ、例をみてください。



今度はもっとはっきりしたブレイクアウトです。
これは、1418 インターライフの2013年1月~4月初めにかけてのチャートです。

4月8日のブレイクアウトは、買いでしょうか?買いではないでしょうか?

実はこれも、先ほどの石光商事とは別の5日株トレード法独自のルールに反しているため、買いではないと判断します。

では、その後のインターライフのチャートを御覧ください。




>>>株は5日で利益を出す!「5日株トレード法」 全編セット



4月8日のブレイクアウトの後、急落しています。

一点ご注意を。
ここではわかりやすいように、ブレイクアウトした後で急落した銘柄を例にあげましたが、5日株トレード法はこの急落を予想していたわけではありません。

ただ、2月7日の石光商事も、4月8日のインターライフも、そのまま素直に上昇トレンドに乗りやすいブレイクアウトではないと判断しただけです。

マニュアルの本編を読んで、「買い」ではないブレイクアウトがわかっても、「急落が見込める。空売りのチャーンス!」・・・とはなりませんので、ご了承ください。

このように5日株トレード法では、ブレイクアウトした後で株価が素直に上昇トレンドに乗りやすいかどうか判断する独自のルールを設けています。
判断基準となるルールの他に、どのような形のチャートだったら買いとなるのか、上昇トレンドに乗りやすい典型的なチャートの形もまとめています。

ルールもチャートのパターンも、書籍やインターネットの情報で勉強して学んだ方法論ではありません。
独自の研究と実取引、数多くの検証(シミュレーションによるバックテスト)を経て、開発した独自のトレード手法です。

トレード手法に相当精通しておられる方でも、おそらく初めて聞く方法論ばかりだと思います。
しかし一人よがりで有効性のない理論ではありません。
新興市場株や仕手株、小型株の短期売買に熟練し、稼いだ実績のある人ほど、「なるほど。これは使える」と感覚的に納得して頂けるトレード手法と理論であると思います。

残念ながら、FXや日経先物などあらゆる投資に応用のきく方法ではありません。
また、株価のあらゆる動きを予想できる魔法の手法ではありません。
株価が急騰する銘柄を残さず予想できる手法でもありません。

しかし、日本国内の株で値動きのいい新興市場株や仕手株、テーマ株などでは、一定以上の信頼性があり、威力を発揮するトレード手法であると考えています。

「これから上昇トレンドに乗る可能性が高い」かどうかを判定するのに役立つ、判定条件(ルール)と典型的なチャートパターン(仕掛けどころ)を明らかにしている理論です。

5日株トレード法は、元々は私が自分のために開発した技術です。
上昇トレンドを比較的初期のうちにつかまえて、買ってしまうトレード手法を確立しようと研究に打ち込んでできたものです。

おそらく私はこの手法を(日本の株式市場に極端な変化が起こらない限り)生涯使うだろうと思います。
そしてこのマニュアルを読んでくれた方の中からも、このトレード手法を身につけることで人生が変わる方、一生の宝として使ってくださる方が出てきてくれるのではないかと期待しています。

もしもあなたが、株の短期売買で安定して稼げるトレード手法をまだ持っておられないとしたら、このマニュアルを読んで頂くことで、投資にたいする考え方が大きく変わるのではないかと思います。

 
「5日株トレード法」のさわりを少し見て頂きましたが、いかがだったでしょう?

大げさな書き方をせず、さらっと書いていますが、
ここで紹介したチェックポイントは、短期間で急上昇する銘柄の見分け方の中でも
一番大切な部分です。


>>>株は5日で利益を出す!「5日株トレード法」 全編セット









[PR]
by animal1972 | 2017-05-17 14:37 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)






FXのエントリー手法としては、大きく2種類の手法に分けられます。
以下で説明します。

1つは、「トレンドフォロー」という、
今の相場の流れに対して、上昇トレンドであれば、上昇方向にエントリー。
下降トレンドであれば、下降方向にエントリー。という、
流れている川に、そのまま浮き輪を投げて、 流されていくような、エントリー手法です。

そして、もう1つは、「逆張り手法」という、相場の天井や、底を見極めて、「ここから反転するだろう。」と 予測して、これまでの流れとは逆方向にエントリーする手法の事です。

このような2種類のエントリー手法がある中で、
FXトレンドグライダーは、完全に「トレンドフォロー型のエントリー」に対して、抜群の効果を発揮する アイテムです。

理由は、前にも申し上げましたが▼

・「気流」を見て、行き先(エントリー)を決め。
・「風」を見て、今後の方向性を確認し、大きな流れに乗るタイミングをはかり。
・「雲」を見て、しっかりと事前に、エントリーの有無や、ダマシの回避、手じまいを予測できる。

という、 上記の特徴を持ち、「FX初心者」であっても、迷う事なく、大きなトレンドにいきなり乗り込む事ができて、 「勝ち逃げできる。」という事にとことんこだわって、制作しているからです。



そして、さらには、これまで「トレンドフォロー」の手法に対して、多くの人が悩み、難しいと思っていた。

・現在のトレンドの方向性の見極め方
・トレンドに乗り込む(エントリー)のタイミング
・ダマしの回避

に関しても、すべての解決案を搭載して、作られたプログラムなのです。

トレグラ
これらの絞りに絞りこんだ、最小限かつ最も厳選された機能を備えさせる事で、ようやく
「勝ち逃げトレード」を実現させる可能性を最大限に高めたのです。

何度もしつこいかもしれませんが、それほどまでに「勝ち逃げ」にこだわったという、私達の
熱意ある経緯を少しでも感じて頂ければ幸いでございます。



しっかりと上下に「雲」があり、今この瞬間が「レンジ相場」である。 という事を視覚的に確認する事ができます。

ですから、このような、「雲」にはさまれた小さな値動きの相場の時は、最初から「エントリーしない。」 というふうに判断して頂ければと思っています。これが唯一の弱点回避の方法となります。

「雲」にはさまれたレンジ相場はエントリーしない!

ここさえ、あらかじめ肝に銘じてしまえば、レンジ相場に惑わされることも回避して、
あなたは常に、最高の「利確フライト」を楽しめるはずです。「勝ち逃げ」の実現です。





>>>「爽快な、勝ち逃げFX」に話題騒然。【FXトレンドグライダー】遊びの中でFX攻略の覇者となる。天才プログラマーKの秘蔵アイテム。










[PR]
by animal1972 | 2017-05-17 14:35 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)



Combination225/日経225寄り引けシステム


Q.絶対に儲かりますか?
A.どのような金融投資にしても「絶対」ということはあり得ません。特にシステムトレードの場合は、始めた その日から連敗することもあります。 長く続けることによって資金が殖えていくことを実感できるのが長所です。「絶対に儲かる」とお考えの 方は金融投資に向いていないのかもしれません。 初心者によく見られる傾向ですが、2連敗で投げやりになってしまい、3連敗で止めてしまう、ということが あります。 例えば下記の「損益累積グラフ」をご覧ください。



これはある年の3カ月間の損益を累積し、折れ線グラフにしたものです。 大きなドローダウンが3回あります。 特にトレードを初めて2週間で利益が0になりました。せっかく設けたお金を無くしてしまったということです。
このむなしさは経験者であれば「よくあること、でまた明日からスタートしよう」と思えますが、初心者は疑心暗鬼に囚われるでしょう。続けてもよいかどうか迷いが出ます。 しかし3回のドローダウンを経ても着実にトレードしなければ資金は殖えません。これがシステムトレードの難しさです。
よって、「絶対儲かる」とは言えませんが、途中で放棄すれば「絶対に儲からない」ということだけは言えます。
また、ドローダウン(日単位での連続した負けトレード)を受け入れられそうもないという方はご購入を お控えください。
Q.どれとどれを組み合わせればよいのか、一覧表のようなものはあるのでしょうか?
A.はい。もちろん用意してあります。DAYとNightの各システム名は前掲のとおりですが、例えば利益の高い組み合わせではDAYシステムDE_1とオーバーナイトシステムNDyがトップにきます。



この一覧表をお付けいたしますので、ご自身にあった組み合わせを 探してみてください。
Q.何時にサインを出せばいいのでしょうか?
A.必要な指標にはNYダウも含まれます。よって当日の朝6時過ぎから9時少し前に注文が出せる時間までにデータを取得し、サインを生成させてみて下さい。
また夜間取引は午後3時15分以降にサインを生成させ、4時30分までに注文を出して下さい。
Q.夜間のサイン生成は時間的にむずかしいのですが。
A.会員専用ブログをご用意いたします。
記載事項は下記のとおりです。日中寄り引けサイン生成に必要なデータは自動的にwebから取得できますが、 夜間はwebにすぐアップされません。またご自身の記載ミスもあったりしてサインが異なってしまう場合も あるでしょう。そこで各データをブログに記載いたします。なお「補助サイン」についてはマニュアルに記載 してあります。


2015年12月28日

日中 18800? 18850? 18710? 18720
夜間 18730? 18750? 18730? 18750
日経平均 18823.91 ?18870.70? 18744.44? 18769.06
TOPIX? 1516.19
補助サイン  buy
DA? sell1
DB? pass
DC? sell
DD? buy1
DE? buy
DF? pass
DG? buy1


日中 18830? 18920? 18750? 18900
日経平均 18838.91? 18922.90? 18764.54? 18873.35
TOPIX? 1529.22
NA? sell
NB? buy
NC? buy
ND? pass
NE? buy
NF? pass
NG? sell


ただし、記載できない日も稀ですがあります。朝のデータは8時までに、夕のデータは16時までに
記載しますので、この時間を過ぎた場合はブログ更新ができない日、ということでご理解ください。
また月の終わりには組み合わせの利益順にそのシステム名を記載していきます。
Q.日経225先物ミニでも対応できますか?
A.日経225先物ミニは5円刻みなので、ラージと若干の差異がでますが、ほとんど損益には影響し ません。むしろミニのほうが約定しやすいという印象をもっています。
ミニの場合、証券会社によって建て玉制限は異なりますが、だいたい1000枚から2000枚建てることが できます。100枚から500枚程度でしたら寄り付きで全て約定することが多いと思います。
Q.実践している方は開発者以外にいるのですか?
A. 今回初めて公にするので不特定多数の実践者はいません。試しに超初心者でミニ1枚でエントリーしていただいた方はいますが、それでも直近、プラス決済になっています。



2016年の取引なので、1月の取引ということです。1月25日現在と聞いています。
ミニ1枚なので23枚ということは23回取引したということです。
その利益が242,500円になっています。手数料等は1978円です。
ということは、約38万円の資金でスタートして、621,362円まで殖やしたということになります。 38万数百円の資金は「無くしてもあきらめがつくヘソクリの全額」とのことです。
もしラージで取引していたら1月の利益は約242万円ということになります。

なお、1つのシステムを多くの方が使用したとしてもマーケットインパクトは全く考える必要がないほど巨大な市場ですが、Combination225においてはご提供数を限定したいと思います。
Q.日経225は初心者ですが、大丈夫でしょうか?
A.デイトレードで申せば朝注文を出し、午後決済するだけなので経験の多少による優劣による差は生まれません。よって初心者でも熟練者でも結果は全く同じ結果になります。
ただし、初心者は「金融投資は必ず儲かる」と考えがちです。連敗が続くと「こんなはずじゃなかった」と思われるでしょう。このような局面に遭遇した時、初心者と経験者の差が出てしまいます。
経験者はシステムトレードの特性を知っているので、たとえ連敗が続いても淡々とトレードできます。その積み重ねが資産を2倍、3倍、あるいは10倍にできます。
しかし初心者は日々減っていく資産に幻滅して途中で放棄してしまいます。
つまり精神面を鍛えられるかどうかによるところが大きいのです。
このあたりを十分承知していただき、淡々とルーチンワークをこなしていくことが大切になります。
Q.最初に必要な資金はどれくらいでしょうか?
A.日経225先物においてはラージとミニがあります。ラージに必要な証拠金は12月末現在、72万円(ラージ)です。
この証拠金はSPAN証拠金と言って、相場が過熱した時には上昇し、沈滞した時には下降します。証拠金が30万円程度の時もありました。
ミニはラージの1/10の資金で取引が可能なため、10万円あればミニ1枚の取引が可能です。
しかし、システムトレードの場合はドローダウンというのが必ずあります。そしてドローダウンは必ず 更新されます。
1000円のドローダウンに耐えられるか、2000円のドローダウンに耐えられるか、これについては何とも 申せませんが、余裕をもった資金配分にしてください。
使用マニュアルには私見を若干述べています。
具体的にいくらあればよいか、については申し上げることはできませんが、ご自身で調べてみて下さい。
Q.サラリーマンでも実践できますか?
A.はい。スマホから証券会社に発注できます。また朝6時以降にはサインがわかりますので、サインが判明してすぐにPCから注文もできます。注文の際にはロスカットも入れておきます。これを「ストップ」とも言いますが、ストップを入れておくと建て玉をしてから決済までドキドキすることはありません。
また決済注文は引け成りと言って、15時15分に自動的に建て玉が決済される注文になります。こちらは昼休み等に注文しておくとよいでしょう。遅くても15時までには決済注文を出して下さい。
ちなみにサイン生成にかかる時間は3分程度です。

ナイトは15時15分から16時30分の45分間にサインを生成させます。45分間のどこかで3分時間が作れれば可能です。ナイトの注文は16時30分までに行って下さい。
Q.2015年はあまり勝率がよくありません。なぜでしょうか?
A.原因はわかりません。例え原因が判明したとしてもそれを改善してしまっては「カーブフィッティング」という「その時の相場に合わせたパラメーターを作り上げる」ことになってしまうので、そちらのほうが問題です。
外部的な要因(上海暴落等)が少なからず影響しているのは確かでしょう。サインと逆行してストップにかかることも2015年は多くなりました。
しかしそれでもストップ設定が効果をもたらしているのか、12月末現在、月単位では多くのシステムがプラスを保っています。
Q.2009年より前の実績はどうなっているでしょうか?
A.ご存じの通り、ナイトセッションでの取引が可能になって、16:30~19:00までになったのは2007年9月18日からです。2008年10月14日からは20時まで延長されました。
コンビネーション225はナイトセッション四本値もサイン生成に際して重要な指標になっています。つまりナイトセッション終了が19時ですと十分なデータが集まりません。20時になってぎりぎりデータとしての価値が出てきましたが、このような観点から2009年より前のサインはデータ不足で生成されません。
従いまして2009年より前のサインは存在しないというご理解でお願いします。
Q.2016年1月は6日連続の下げという稀に見る暴落で始まりました。1月の成績はどうなのでしょうか?
A.2016年1月は確かに異常な下げに見舞われました。サインは比較的売りが多くなっています。 2016年1月4日から1月15日までの実績は下記のようになっています。

DAY寄り引け
  DA_1? +950円
  DA_2? +1200円
  DB??? +570円
  DC??? +420円
  DD??? +250円
  DE_1? +1620円
  DE_2? +2100円
  DF2?? +2040円
  DG_1? +950円 
  DG_2? +2100円

オーバーナイト(左夜間引け決済・右翌日寄り決済)
  NA?? -230円  -500円
  NB?? -460円  -720円
  NC??? -50円 ????? 0円
  ND?? -320円  -570円
  NE?? +390円  +180円
  NF?? +320円  +470円
  NG?? +210円  +40円
  NH?? +560円  +420円





>>>Combination225/日経225寄り引けシステム








[PR]
by animal1972 | 2017-05-17 14:33 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)

Maestro FX



当プロジェクト「マエストロFX~FX専業トレーダー育成プログラム~」は、
以下の4つのプログラムで、あなたを専業トレーダーへと導きます。
これは、たとえあなたが投資経験ゼロのFX初心者だったとしても、いつもマイナス決済ばかりの負け組トレーダーだったとしても、あらゆる角度から本物のFXトレードを学んでいただくことで、より早く、より確実に習得してもらうためです。
プロのトレード環境をバーチャルで体感していただき、技術を学び、そして実践に活かす…そういった堅実な道標(みちしるべ)がしっかりと用意されている、
本格的なFXトレーダー育成プログラムなのです。
プログラムその1 プロのFXトレード技術を映像で学ぶ
佐野裕のFXトレード理論、FXトレードテクニック、FXトレード実技のすべてを収録した全26講トータル19時間にも及ぶDVD教材をお届します。 見れば分かる!これがプロの実力だ!


⇒まずは実際に自分の目で見てみるのが一番!

映像プログラムでは、私のトレードテクニックを完全収録したDVD(2枚組)を
ご提供します。このDVDを見ていただければ、「FXは安定的に稼いでいくことが
できるということ、そして努力を裏切らない投資種目であること」がきっとお分かり
いただけるはずです。

なぜなら、このDVDには、トレードで利益を出していくための理論やテクニックは
もちろん、それらを活用した実技までをしっかりとサポートしているからです。

「書籍などで理論やテクニックを学んでみたはいいが、いざ実践でやってみるとうま
くいかない…」そんな経験をされている方も多いでしょう。

ですが、ご安心ください。

このDVDでは、私がお教えしたトレード理論やトレードテクニックが実際の相場で
役立つことを証明するために、“動いているチャート(相場)での実技”もしっかりと
収録しています。

ですから、「専業トレーダーの人たちって、毎日どんな投資をしてるんだろう?」
という視点から興味本位で見ていただいても、面白い内容ではないかと思います。

いずれにしても、約19時間という収録時間になってしまったのは、
このDVDだけですべてを完結できるようにするためです。
実践にて必要不可欠なトレード理論やテクニック、そして実技のすべてが学べます。

映像プログラムの内容一部紹介

実践で必要な基礎も学べるから初心者も安心して取り組める!
超円高も怖くない!あらゆる相場に対応したトレード法が満載!
あなたの「なぜ?」を解決する、分かりやすい理論展開!
こんなに簡単!佐野流のローソク足解読法とは?
上昇か下降か?トレンドを判断するための大切なポイントとは?
エントリーとエグジットのタイミングはコレでバッチリ!
即座にトレンド転換を見極めることができる方法とは?
レートを抜けて動きが加速するか、反転するかのポイントとは?
意外に知らない、順張りで狙う時の大切なポイントとは?
相場の転換点を狙い撃つ、逆張りのトレードテクニックとは?
オシレーター系のテクニカル指標でタイミングを正確に捉える!
損失許容範囲から導く、最適なロスカット値とは?
現状で最も勝ちやすい通貨ペアを見つけ出す方法とは?
劇薬の要素!?建て玉を分割して勝率を高める方法とは?
知って得する、重要経済指標の利用方法とは?!
エントリーする前に、これだけはチェックしておきたいこと!
チャンスを逃さない!チャートのパターンとサインを徹底分析!
これでバッチリ!実際に動いているチャートでトレード実技!

上記は、このDVDで学べることのホンの一部です。
相場は“生き物”と例えられているように、常に変化し、進化していきますので、
ワンパターンなトレード戦略、偏った知識では勝ち続けることができません。



>>>Maestro FX



このまま円高が続こうが、急転換して円安になろうが、
サブプライム問題やリーマンショックのようなアクシデントが起ころうが、
常に、冷静に相場を捉え、正しい手法を用いれば、それはチャンスになりうる場合も
十分にありますし、前もってリスクを回避することだって可能です。

そして、その“正しい手法”とは、1つではありません。
同じ手法でも、相場によっては効果的な時もあれば、逆効果になることもあります。
つまり、自分の中に『いくつもの武器』を持っておき、それを相場によってうまく
使い分けることが、安定して勝ち続けるための大事な要素となるのです。

このDVDでは、『いくつもの武器』をあなたに与え、それをどんな時に使えば良い
のかを、映像で、事細かくご説明します。

「あぁ、この相場ではコイツが有効だな!」そんなことが自分で判断できれば、もう
誰の力を借りなくても相場で勝ち続けることができるようになりますよね?

「たとえ初心者でも臨機応変に相場を攻略できるようになる!」

といったトレーダー育成プログラムは、他にはなかなかないと思います。
でも、臨機応変に対応できなければ、そもそも相場で勝ち続けることなんて不可能
です。たった1つの武器で、ワンパターンな分析で、偏った知識で、この先ずっと勝
ち続けられるなんて保証はどこにもありません。

もし、あなたが本気で専業トレーダーを目指すのなら、相場で勝ち続けたいと願うな
らば、このDVDに収録された“武器の数々”はきっとあなたのお役にたちます。

トータル約19時間にも及ぶ内容であるため、1~2日ですべてを修得するのは難しい
かもしれませんが、そのたった19時間が、今後のあなたが費やしていく数十万時間
という膨大な時間を有意義なものに変えてくれる可能性を秘めています。

そう考えれば、たったの19時間です。
これだけあれば、今まで私が培ってきたトレードのすべてが学べてしまうのです。
1日1時間なら19日、1日3時間なら7日間・・・それが目安です。

当たり前ですが、これらのノウハウは、私が長い実践にて学んできたことであり、
書店やインターネットで公開されているノウハウやセミナーに参加して得られる
ようなありきたりな内容ではありません。
もちろん、“トレーディングで大切な根幹となる基礎の部分は
しっかりと押さえてありますが、ここでしか手に入らないノウハウも豊富な
価値のある内容”になっています。

もし、あなたが本気で高みを目指すなら、このDVDはあなたにとって
最高のバイブルになるでしょう。

プログラムその2 プロのFXトレード技術を書籍で学ぶ
これならFX初心者も安心!基本的な理論はテキストでも学べます。もっと深く学びたい方は、是非、こちらも併せてご利用下さい。 読めばわかる!これがFXトレードに必要な知識だ!




⇒読めば納得!必要な知識はこれだけで十分!

このトレーダー育成プロジェクトは、先ほどのDVDがメインですが、
中には、「もっと理論を深く学びたい」という人もいれば、「初心者なのでイチから
しっかりと学びたい」という人もいるでしょう。

そこで、当プロジェクトでは、テキストプログラムとして、今回のために私が執筆
したテキストブックもお付けしています。

内容的には、ごく基本的なことやDVDの補足的な内容がメインですが、基本をしっ
かりと学ぶことも大切です。

もちろん、すでにしっかりとした基礎が出来ている方は、DVDで実践テクニックを
学ぶだけでも良いかもしれませんが、たとえば、ローソク足の見方ひとつにしても、
あなたは本当に正しい見方ができていますか?

もしかしたら、本や雑誌、インターネットに書いてあるような、理論だけの見方を
鵜呑みにしていませんか?

当然ですが、理論と実践は異なる部分が多く、「あれ?本に書いてあるようにはなら
ないな・・・」という経験をお持ちの方も多いはずです。

『理論は理論、必ずしも実践で再現できるわけではない』
ということを前提に解釈し、「じゃあ、実践にてどう活かすか?」を考えなければ、
せっかくの知識も無駄になってしまう可能性があります。

どんなに優れた理論であっても、実践で通用しなければ、それは机上の空論です。
ですから、このテキストでは「実践にて使える知識」だけを教えています。

あなたにとって無駄になるような余計なことは一切書いていません。
すべて専業トレーダーを目指すあなたにとって役立つ知識です。

基本的な内容ではありますが、初心者の方はもちろん、ある程度の知識をお持ちの方
も、自分のやり方が本当に正しいのか、間違った解釈をしていないだろうかを確認す
るために読んでいただければと思います。

テキストプログラムの内容一部紹介


>>>Maestro FX


ローソク足とその大切なポイント/レジスタンス(サポート)ライン/トレンドライ
ンとチャネルライン/チャートフォーメーションの基礎/移動平均線の大切なポイン
ト/相場の3状態~トレンドとはなんだろう~/レートの確率的移動範囲~ボリンジ
ャーバンド~/ボラティリティ~収束と拡散~/相場の基礎的性質と状態分析/チャ
ートポイント/相場の状態と基本戦略~その1順張り~/相場の状態と基本戦略~そ
の2逆張り~/オシレーター系テクニカル指標/マルチ・タイム・フレーム分析/ト
レードにおける大切な考え方/エントリーとエグジットのポイント/ストップ設定の
基本的な考え方/通貨ペア選択の基本的考え方/建て玉について/
経済指標発表について/まとめと復習・・・等々、基礎を固める内容が盛り沢山!

トレードの基礎に関しては、書店に並んでいる教材やインターネットの情報でも学べ
るとは思いますが、情報が多すぎて「何を信じれば良いのか分からない」ということ
も少なからずあるかと思います。
また、「分かりにくい」とか「難しい」と感じる人も多いのではないでしょうか。
事実、本当は凄く単純なことなのに、それを難しく説明されているものが多いです。

このプロジェクトでご提供するテキストは、
「正しい手法を、初心の方にも分かりやすく」というコンセプトで私が執筆したもの
ですから、きっと、つっかえることなく読み進めていただけると思います。

また、DVDの補足的な要素もありますので、このテキストを併せてご利用いただく
ことで、より具体的に、より深く、より早く学んでいただけると思います。

安定した収益を出すためには、DVDだけでも充分かもしれませんが、基礎がしっか
していれば、より盤石となりますので是非ご一読していただければ幸いです。

プログラムその3 プロの技術を直伝で学ぶ
サポートは、すべて佐野裕が直接担当するので安心です。原則、土日祝日を除き24時間以内にご対応します! 聞けば分かる!これが本物のサポートだ!


⇒分からない事があれば直接私に聞いて下さい!

こういった通信講座型の教育システムは、著者(制作者)とサポート部門が別人格の
場合があります。つまり、教材を制作した人間が直接サポートをするのではなく、
まったく別の人間がサポートを行っている場合も少なからずあるということです。

確かに分業制は企業にとって効率が良いのかも知れませんが、受講者にとって本当に
そういったシステムが最良なのでしょうか?

私は、とてもそれが最良であるとは思えません。
確かに、大企業であれば、サポート部門の人間はしっかりと教育を受けているのでし
ょう。ただ、それでも著者本人には到底かなわないはずです。

そこで、ご質問の回答などのサポートはすべて、私、佐野自身が行います。
これは、私自身が考え得る最良のサービスを実現するためです。
また、本気で専業トレーダーを目指すあなたに対する誠意でもあります。

このサポートシステムを採用することで、私自身のトレード時間が大幅に削られる
ことは覚悟の上です。しかし、それであなたに安心して専業トレーダーを目指してい
ただけるのならば、夢を現実にしてもらえる可能性が高まるのであれば、私はそれで
も構いません。

また、サポートの期間、回数制限などは特に設けません。
なぜなら、目標に辿り着くまでの時間は人それぞれでしょうし、各個人の考え方や
取り組み方、ペースは異なると思うからです。

ゆっくりじっくり学んでいこうという方もいれば、可能な限りの時間をこれに費やし
て、1日でも早く専業トレーダーになりたいと思っている方もいるはずです。
期限を設けるということは、そういった皆さんの考え方を無視することになってしま
います。

また、1~2回のサポートで理解できる方もいらっしゃれば、何度もサポートを受け
ないと安心できない方もいるでしょう。
ですから、回数に関しても特に制限を設けません。

そういった覚悟の上で責任を持ってあなたのサポートをしていきますので、何か分か
らないことがあれば遠慮なく、お気軽にご質問下さい。
聞くことは恥じることではありません。それこそ一番の近道になるのです。

なお、ご質問の返信は土日祝日を除き24時間以内にいたしたいと思いますが、回答作
業の物理的な時間の関係上、2~3日かかってしまう場合もありますので、予めご了
承下さい。また、ご質問の頻度につきましては良識的な範囲内でお願いいたします。

サポートプログラムの概要

サポート対応:佐野裕
サポート専用メールアドレス:参加者のみに告知します
期限・回数:特に設けません(良識的な範囲内でお願いします)
返信対応:土日祝日を除く24時間以内(但し、2~3日かかる場合もあります)
サポート内容:このプロジェクトの内容に関することに限る

このように、プロのトレーダーに直接指導を受けられるサービスは非常に珍しいので
はないでしょうか?
最高の環境で、安心して専業トレーダーを目指していただけます。

ただ、ここでは1つだけご了承いただきたいことがあるのですが、このプロジェクト
は投資助言サービスではなく、育成プログラムですので、サインをお教えするような
ご質問には一切お答えすることができません。
たとえば「今、ポジションを持っているのだが、いつ決済すればいいか?」
「今後、ドル円はどのように動くと思うか?」など
直接運用に関わるような内容は、このサポートの範囲外となります。
あくまでも、DVDやテキストの内容に関するご質問に限らせていただきますので、
予めご了承のほどお願いたします。

※講師に疾病等があった場合はサポートをお休みしなければならないことはありえま
すが、出来る限りのサポートをすることをお約束します。

プログラムその4 FXトレードのプロの技術を情報で学ぶ
最新のFXトレード情報を週一で配信!FX市場概況や今回の教材には収録されていない最新ノウハウやその他関連情報が学べます。 届けば分かる! これが最新のFX情報だ!



⇒市況情報や様々な最新情報を週一で配信!

FXトレードに関しては、現状に満足することなく、今もなお、勉強や研究を続けて
います。ですから、もしかしたら今後、今回の教材に収録されていない最新のノウハ
ウをあなたにお伝えできるかもしれません。

また、今回のプロジェクトでは、あなたに遠回りをしていただかないために、
直接収益に結びつくテクニック、すなわち「稼ぐ力」をメインに展開していますが、
欲張りなことを言えば、“資金管理について”や“メンタルトレーニングについて”も
学んでいただきたいところです。

もちろん、それらは急務ということではなく、「稼ぐ力」を身につけていただいてか
らで良いのですが、単なる“専業トレーダー”の壁を破り、“スーパートレーダー”へと
飛躍するためには、どうしても必要不可欠な要素となります。

そこで、このプロジェクトでは、今回の教材に収録されていない最新のノウハウや
資金管理をはじめとする様々な関連情報を、あなたのパソコンへ配信します。

私が進化する限り、あなたにもその情報を共有していただき、共にさらなる高みへと
登って行けたとしたら、この上ない幸せです。

情報プログラムの概要

サービス内容:今回の教材に収録されていない最新ノウハウや関連情報など。
メール配信先:あなたのパソコン
配信スパン:毎週1回配信
配信期間:特に設けていません(終了する際は事前にご案内します)
※講師に疾病等があった場合は休刊になることはありえますが、教材販売終了となっ
た後も3ヶ月間お届けいたします。

また、このプログラムでは、参加者のみなさまからいただいた声や近況情報など、
あなたのモチベーションアップにつながる内容も配信していけたらと思っています。

いずれにしても、身近なコミュニケーションツールを利用することで、
私の存在も身近に感じていただけたとしたら、きっとすべてがプラスに働くだろう
と思っています。

DVDやテキストだけではなく、情報でも学べてしまうのがこのプロジェクトの特徴
であり、魅力の一つです。
ぜひ、この機会に“今までにないトレーダー育成プログラム”を体感してみて下さい。



DVD・書籍・直伝・情報、
この4つのプログラムで
あなたを専業トレーダーへナビゲート!

いかがでしょうか?
ご覧のように、当プロジェクトならベテランはもちろん、
初心者の方でも安心して本格的なFXトレードが学べます。
そこで、次に当プロジェクトに参加されている数名の実例をご紹介したいと思います。
残念ながら、当プロジェクトは発足したばかりなので、
みなさん、まだ1~2ヶ月目ですが、
それでもしっかりと利益を上げられるようになっていることが
お分かりいただけるかと思います。
FX初心者でも最短で専業レベルになれる『マエストロFX~FX専業トレーダー育成プログラム~』ここで特筆すべきは、すべての方が“自分だけの力で利益を上げている”ということです。
私が代わりに運用してあげているわけでもありませんし、サインを配信しているわけでもありません。
FXは正しい手法をしっかり学び、
規律を持って臨むならば 本当に相場で利益をあげられるし、
勝てるようになるのです。



>>>Maestro FX






[PR]
by animal1972 | 2017-05-16 01:04 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)




勝てるトレーダーになる為には、どうしたらいいのでしょうか?

それは、圧倒的な練習回数です。

よく手法があればFXは勝てると思っている方が多いようですが、確かに手法も大事ではありますが、一番大事か?というと違うと思います。それよりも、どれだけ多くの時間にチャートに向き合って、売買をこなしたか?が重要だと思います。

多分、この意見には色々と異論があるかもしれませんが、例えば、もし、あたたが「勝てる手法」を手に入れたとして、リアルトレードでいきなり100万通貨でエントリーできますか?おそらく無理じゃないでしょうか?何故なら、きっと怖いと思うからです。

100万通貨でエントリーして、もし負けてしまったらどうしよう?そんな恐怖が頭をよぎるのです。そして、なぜそんな恐怖心が生まれるかと言うと、自信がないからです。自信がなければ弱気になります。つまりメンタルが弱いのです。

そう、いくら勝てる手法を手に入れたとして、メンタルが弱く、自信が持てなければ結局はトレードできないし負けてしまうのです。

勝てるトレーダーはメンタルがとても強いです。例え100万通貨でも自分に自信があれば、恐怖も何も感じずに淡々とエントリーできます。

では、どうやったらメンタルが強くなれるか?というと、それはトレード数をこなして自信をつけるしか方法はありません。

 

勝てないトレーダーは圧倒的に売買回数(経験)が少ない


圧倒的な練習回数こそ、自信とメンタルを強くする一つの方法です。

しかし多くの方は、勝てる手法を手に入れて簡単に勝ちたいと思ってるのではないかと感じています。経験年数も少ない上に、デモトレードでちょこちょこっと練習して、簡単に相場に入っていく。

中には、それでも天性の才能を発揮して勝ち上がっていく天才肌のトレーダーもいるのでしょうが、それはほんの一部で、一般のトレーダーの多くは負けて市場を去っていくのが現実です。

もちろん実際の資金を投入して、プレッシャーを浴びないと本当の力にはならないと思いますが、それでもデモトレードで勝てなければ、絶対リアルトレードでは勝てません!断言できます。

 

一度無くしたお金は戻りません。そして練習ではお金を無くしません。

 

もちろん実際の資金を投入して、プレッシャーを浴びないと本当の力にはならないと思いますが、それでもデモトレードで勝てなければ、リアルトレードでは勝てる事は無いでしょう。ですので、リアルトレードに入る前に必ず練習をしてください。
ただ、デモトレードで練習するにしても、実際の時間の流れの中では時間が掛かりすぎます。勝てるトレーダーになるには5年は掛かるという人もいます。リアルな時間の流れで練習するには長い時が必要です。そこで、裁量トレード練習君プレミアムが役立つのです。



>>>MT4裁量トレード練習君プレミアム






[PR]
by animal1972 | 2017-05-16 01:02 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)