不動産投資参入マニュアル



不動産投資参入マニュアルの内容

このマニュアルは、次のとおり、11のテーマで分けられています。
購入者専用サイトにて、動画コンテンツを閲覧いただく商品となっており、
時間にして、約15時間40分というボリュームになっています。
▼不動産購入・基礎の基礎(約75分)

著者の所有物件から見るリタイア戦略
不動産は本当に儲かるのか?
不動産投資ブームの功罪
購入前に明確にすべきこと
購入イメージをつかむ方法
不動産が手堅いビジネスと言われる理由
サラリーマン卒業の目安とは?
▼不動産投資の拡大戦略(約100分)

不動産投資のメリット・デメリット
レバレッジの恩恵を受ける方法
融資の付く物件とは?
融資金額を決める基準とは?
賃料収入で収益を上げるには?
利率と融資期間の関係
不動産投資の拡大戦略とは?
▼投資方法の見極め(約60分)

目的目標に合った投資法とは?
新築アパートが危険な理由
区分不動産の長所と短所
一棟物を購入すべき理由
戸建物件の長所と短所
資産と負債の関係
信用毀損とは?
複数棟を買い進めるための条件とは?
▼物件別シミュレーション(約45分)

新築アパート投資法
区分不動産投資法
一棟アパート・マンション投資法
構造別シミュレーション(木造)
構造別シミュレーション(重量鉄骨)
構造別シミュレーション(RC)
▼物件の探し方(約85分)

特別な方法はあるのか?
ターゲットの決め方
使える金融機関の探し方
高属性サラリーマンの手法
一般的なサラリーマンの手法
スルガ・静銀等を使えない場合の手法
ポータルサイト検索のポイント
現実的なターゲットとは?
物件を見つけた時の対応
▼物件情報の分析(約80分)

物件概要書の確認ポイントとは?
レントロールの確認ポイントとは?
最終的な判断基準とは?
▼現地調査・買付(約110分)

現地調査は必須
現地調査には自分で行くべき
現地調査の目的・内容
現地調査の持ち物
建物の調査
土地の調査
空室状態の調査
入居状況の調査
管理状況の調査
周辺環境の調査
周辺物件の入居率調査
周辺業者さんへのヒアリング
買付書提出のポイント
買付書の記載事項
▼銀行の評価方法(総論)(約50分)

都市銀行の特徴
地方銀行の特徴
政府系金融機関の特徴
信金・信組・農協の特徴
ノンバンクの特徴
銀行の基本的な考え方
アパートローンの考え方
プロパーローンの考え方
銀行開拓のヒント
▼銀行の評価方法(各論)(約35分)

金利の考え方
融資期間の考え方
個人属性の評価方法
物件の評価方法
積算評価と収益評価
最終的な融資額決定
▼銀行開拓と融資申込(約70分)

銀行と接点を持つ方法
銀行照会時のポイント
スルガ・公庫・静銀を前提としない銀行開拓
居住地から考える銀行開拓
勤務地から考える銀行開拓
出身地から考える銀行開拓
物件所在地から考える銀行開拓
融資の必要書類
▼各銀行の特色(約205分)

銀行の種類と特色
都市銀行
スルガ銀行
スルガ銀行の長所と短所
静岡銀行
日本政策金融公庫(日本公庫)
SBJ銀行
オリックス銀行
ノンバンク
商工組合中央金庫(商工中金)
信用金庫
信用組合
横浜銀行
千葉銀行



>>>不動産投資参入マニュアル











[PR]
by animal1972 | 2017-06-27 22:30 | 投資で儲ける | Comments(0)